創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

輪島塗 彩端反夫婦椀

全てが天然の素材で一つずつ手作業により作られています

深く重ね塗りされた漆は、自然の光沢を帯び、そのままで十分に美しい芸術作品です。
木地は主に能登産のヒバの木を使い天然の漆で仕上げてあります。
◆産地:石川県輪島
◆塗装:天然うるし
◆素地:天然木
◆椀:径11cm×高7cm
◆セット内容:赤・黒2客セット
◆箱:化粧箱
輪島塗のお椀は、輪島にしか採れない「地の粉」という珪藻土(けいそうど)の粉を下地に使用しています。
また、木地の壊れやすい部分に布を貼って補強する「布着せ」と呼ばれる作業を行うことが、輪島塗の製法における2つの大きな特徴になります。

美術的な美しさを持ちながら普段使いで使える実用性と丈夫さを兼ね備えた絶品です。
丸みのある形が手になじみ、毎日のお味噌汁やお吸い物は勿論ハレの日の食卓まで幅広くお使い頂けるお椀です。
輪島塗のお椀は、全てが天然の素材で一つずつ手作業により作られています。
職人の手間暇をかけた漆のつややかな使い心地を末永くお楽しみいただけます。

商品名の端反とは、お椀の飲み口の形状を指します。
通常のお椀の飲み口がまっすぐ垂直なのに対して、この端反型は少し外側に反っているのが特徴です。

飲み口がなだらかなに反ったフォルムは口当たりもよく、お椀の優美さも際立ちます。
お箱は輪島塗専用の化粧箱にてお届けします。
結婚の御祝や還暦や喜寿など人生の節目の記念品にいかがでしょう。

お色違いもご用意できますのでお祝いや記念日のプレゼントとしてお奨めします。毎日使うものだからこそ本物を選びたいものですね。

ご注意していただきたいのは、輪島塗は全てが手作業にて作られるため大量生産は出来ません。
時にはお時間を頂く場合がございますので、お急ぎの方はメッセージまたはお電話にて在庫をご確認くださいませ。
<輪島塗について>
輪島塗は全て分業制という制度で一つの商品を仕上げます。

木地は木地師、塗りは下地塗り師、中塗師、研ぎ師、上塗り師、絵付けは沈金師、蒔絵師、そして呂色師と言った様にその工程は124過程にのぼります。

このように、多くの職人の手に渡って仕上がる商品には命が宿り、輪島の人々の「良い漆器をつくりたい」との心でもあります。
◆取り扱い方法
基本的に漆塗りの商品は食器洗浄機・食器乾燥機の使用はご遠慮ください。
洗うときは湯水で中性洗剤を使い、やわらかいスポンジで洗ってください。洗った後は、柔らかい布巾等で拭いておしまい下さい。
ただし、漆器は乾燥と直射日光は苦手なので、長時間光にさらされると変質することがあります。
長い間使わないときには、やわらかい布や紙で包んで、お部屋の低いところにしまってください。
もし万一、傷や破損がおきてしまったら、割れたかけらは捨てないで同封し、修理に出してください。
かけらがあれば、すぐに塗りにかかれます。
修理の後は、また美しくよみがえり、末永くご愛用いただけます。