創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金体験実施しています

NEWS & TOPICS

山中塗コラム

山中塗の片口を楽しむ

 

山中塗 6.0片口鉢縁布貼古代朱17,600円(税込)

 

器の言う器には多々種類がありますが、こちらでは汁ものを注ぐ器として知られている片口についてご紹介させていただきます。

 

◇たかが片口、されど片口

 

片口は数ある器の中でも私の一番好きなうつわです。仕入の展示会場や旅に出た時など、ついつい目が行くのがこの片口。だから自宅の食器棚には数多くの片口が入っています。そして上のお写真は山中塗の片口です。色、艶ともにさすがと言わんばかりの存在感がありますよね。日常遣いからもてなしのシーンまでさまざまに活躍する、まさに器多用の万能選手。たかが片口、されど片口、といったところが一番の魅力でしょうか。

 

 

 

 

 

◇片口とはどんな形?

 

鉢の片方に注ぎ口があるもの全般に片口と言います。口の形も雀ぐちといわれるような三角の口や天狗の鼻のように長いものもありさまざまです。材質は漆器もあれば陶器や銅器、プラスチック製品やガラスなど多種多様です。

 

 

 

 

◇片口は何に使うの?

 

もともとは台所用具の1つで油、酒、醤油、など口の小さい容器に移す為の道具ですが、最近では本来の役目を離れて盛り鉢等に使われている方も多いです。たっぷりの煮物を大胆に盛り付けると食卓も賑やかになります。我が家では「お浸しや煮物」を入れることが多いのはそのお汁がとびきり美味しいからです。

 

 

 

 

また趣を変えて花器として使うのもOKです。こちらは、大きな片口にオアシスを入れてカサブランカの花をアレンジしてみました。和と洋の調合とでも言いましょうか、我ながらあっぱれ!と自画自賛です。大きい片口であれば沢山の氷を入れて、ワインクーラーとして使うのも素敵ですね。生活の中に息づくアートな感覚を器で表現できれば最高!

 

ちょっとした工夫次第でうつわもぐんと生きてきますよ。

 

<< 一覧へ戻る