創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金体験実施しています

COLUMN & SELECT

若女将セレクト

還暦のお祝いに輪島塗を

 

 

還暦はたいへんお目出たいお祝いごとです。しかし、還暦祝いの存在を知っていても、由来やマナーはあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、「還暦」の由来や基礎知識、記念品の贈り方のマナーについてご紹介します。

 

 

◇還暦とは

 

 

 

まず還暦とは、本卦還り(ほんけがえり)や華甲(かこう)とも呼ばれ、その由来は6世紀ころに中国から伝わったといわれています。その還暦は日本で使われている干支と深いかかわりがあります。干支は、正式には十干十二支(じっかんじゅうにし)といい、10年でひと巡りする十干(じっかん)と、12年でひと巡する十二支(じゅうにし)との組み合わせでできています。

 

その周期の違う十干と十二支がひとつずつ順番に巡っていくため、再び生まれ年の干支が戻ってくるのは61年目になります。このように還暦は「暦が還る」ということから還暦とよばれています。また、還暦を華甲(かこう)ともいう理由は、華の文字を分解すると、6つの十と1つの一が含まれることや、十干の最初の甲を当てることで61年目に干支が一巡することをそれぞれ表しているからです。

 

 

◇還暦祝いの祝い方

 

 

 

そこで、還暦お祝いはいつ、誰がするのでしょうかということです。還暦とは60歳の誕生日で迎えるものですが、その日に限ったことではありません。家族や親しい友人の予定などを聞いてから決めるのがベストですね。

 

そして、誰がということですが、昔は還暦を迎えた本人かその家族がお祝いの会を開いていました。60歳が長寿とされていた頃のことです。還暦を迎えられたことに感謝して、周りの方々を招いてお祝いをしていたのです。

 

しかし、現代では家族が、還暦を迎えた本人をゲストとしてお祝いの席を用意します。最近では、自分の親の還暦祝いを子供たちが負担しあってお祝いするのが一般的の様です。家族以外でも、日頃親しくしている友人や仲間と楽しい席を設けるのもいいですね。

 

◇還暦祝いのおすすめ品には

 

 

 

昔から還暦は生まれた干支に戻ることから赤いちゃんちゃんこを贈る習慣がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるものや健康を気遣いやさしさの伝わるアイテムにも人気があります。

 

もし迷ったときは、長寿祝いの色とされている赤い色にちなんだ洋服や、毎日使う輪島塗のお椀などいかがでしょう。石川県の伝統工芸品の一つである輪島塗は、上品で高級なイメージですので、目の肥えたご年配の方にもきっとご満足いただけるはずです。

 

還暦祝いについてのお話、いかがでしたでしょうか。漆陶舗あらきではその他にも石川の伝統工芸品を数多く取り揃えています。還暦の記念品におすすめの赤いアイテムもご用意していますので、是非チェックしてみてくださいね。お買い求め頂いた商品は真心こめてお包みさせていただきます。ラッピング・熨斗についてはこちらに詳しくご説明させていただいてます。

<< 一覧へ戻る