創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金体験実施しています

輪島塗について

輪島塗の特徴

輪島塗の大きな特徴として、輪島の地の粉が使用されているということです。地の粉とは輪島付近の小峰山から出る粘土を焼いて作ったもので、それを輪島塗の下地に用いることで輪島塗が丈夫だといわれる大きな要素の一つとなっています。その他に、木地の外側や損傷しやすい箇所に漆で麻布を貼る布着せの技法も輪島塗ならではの工程です。

特に、輪島塗は他産地には類を見ない丁寧な塗りが魅力のひとつで、塗り上げるまでに20工程以上、総手数では75~124回にも及ぶ丁寧な手作業で作られています。手間もコストもかかる本堅地で統一したことでブランドとしての価値を高め、安価に作ることに重きを置かず技術を守ってきたのが輪島塗の特徴です。

また、輪島塗の優美さは塗面の美しさとそこに施された加飾によって創り上げられています。加飾では特に、沈金(ちんきん)技法は輪島で完成したといわれ、多くの名工を育ててきました。輪島塗の人間国宝には、輪島市出身の前大峰(まえたいほう)さんや、漆芸家の小森邦衞(こもりくにえ)さん、沈金師の山岸 一男(やまぎしかずお)さんがいらっしゃいます。

このように、輪島塗は堅牢な塗りと加飾の優美さを特徴とし、日本を代表する漆器として高く評価され、1975(昭和50)年には、通商産業省(現:経済産業省)の伝統的工芸品に指定され、さらに1977昭和52年4月25日には国の重要無形文化財に指定されました。

石川県が誇る輪島塗の産地と歴史

輪島塗の産地となっているのは石川県輪島市です。日本海にせり出た能登半島の北西部に当たり、人口は約3万人足らずの小さな町で、輪島塗によって全国にその名を知られるようになりました。また、輪島塗のほかには輪島の朝市や御陣乗太鼓、千枚田が全国的に有名です。
「輪島」という文字が歴史に登場するのは、室町時代(1393~1572)の中頃です。紀州の根来寺(ねごろじ)の寺僧が輪島重蓮寺(じゅうれんじ)に来て、同寺の家具類を製造し漆工技術を伝来したという説や、土地の人が根来に行き技術を伝習して返ってきたという説があるそうです。

堅牢な下地技術が徐々に確立され、能登の名物として輪島塗が人々に知られるようになったのは江戸時代に入ってからのことです。輪島塗の基本は朱や黒の漆塗りでしたが、明治2年(1872)に尾張から来た蒔絵師の飯田善七の元で、多くの蒔絵師が生まれました。そして、明治時代中期から大正時代に、輪島塗と言えば沈金や蒔絵による豪華な加飾というイメージが定着しました。

輪島塗の販売は塗師屋が商品見本を背負い、全国各地を行商して回ることで販路を拡大していきました。 特に、18世紀から講組織による販売が加わり、飛躍的に輪島塗の需要が伸びるとともに、北前船によっても全国に運ばれその名声を広げていきました。

輪島塗の原料

輪島塗の原料となる木地には、ケヤキやアテ (アスナロ) などの木材が多く使われています。お椀やお盆などの木地には、漆がのりやすいというケヤキ、ミズメザクラ、トチ材が使われ、轆轤を挽いて椀・鉢・皿などの丸いものを作ります。お膳や重箱などの木地には、建築材にも用いられるほど耐水性に優れるアテ、ヒノキ、キリ材が使われます。丸盆や弁当箱など曲物木地(まげものきじ)には、良質なアテやヒノキなどです。このように輪島塗は木の持つ特徴を吟味しながら、用途によって木材の種類を使い分けています。

漆の実
漆の木

下地塗りには生漆を使います。生漆とは、漆の木から採取した漆液から大まかな不純物を濾過しただけの漆をいいます。
その生漆に輪島で地の粉(じのこ)と呼ばれる地元産の珪藻土を焼成粉末化したものを使用します。その他、米糊、木粉、生漆で作られた刻荢漆(こくそうるし)、布着せには木綿の粗い生地を使用し、お椀の縁など傷め易い箇所に使います。
上塗りは上質の精製漆を用いています。精製漆とは生漆を練ったり、水分を飛ばしたりして精製したものです。
絵付け部分の蒔絵では、金銀粉・螺鈿・卵殻によって絵付けがされ、沈金では金箔や金粉が使われています。

輪島塗の制作工程

輪島塗は全て分業制という制度で一つの商品を仕上げます。木地は木地師、塗りは下地塗り師、中塗師、研ぎ師、上塗り師、絵付けは沈金師、蒔絵師、そして呂色師と言った様にその工程は124過程にも及びます。その工程は大きく分けると木地、下地、上塗、呂色、加飾の蒔絵、沈金等に細分されています。ここでは、輪島塗がどのような材料を使い、どのような工程で作られていくのかを大まかではありますが、ご説明させていただきます。

◇木地

木地は器の用途によって形が異なり、それぞれに適した技法を専門とする職種に分かれています。材料となる木材もまた最適なものが選ばれます。椀木地であれば、轆轤を挽いて椀・鉢・皿などの丸いものを作ります。材料は欅・ハンサ(ミズメサクラ)などを使います。
木地師は鉋(かんな)・櫛研・カイ型など用いて形成します。特に道具の鉋は椀木地師が鍛冶道具を使い、全て自分で作ります。特に、椀木地にする欅は樹齢100年以上のものと言われています。このように、輪島塗の木地一つ取っても、吟味された材料のみを使用しています。

◇下地

木地の破損しやすい部分に布を漆で貼り付ける布着せ(ぬのきせ)を行い、下地漆には輪島で地の粉(じのこ)と呼ばれる地元産珪藻土を焼成粉末化したものを混ぜます。そのペースト状の漆を塗っては研ぎ、塗っては研ぎを繰り返すことで素地に肉づけをし、形を形成していきます。下地塗は木地の継ぎ目や小節を補正し、傷みやすい部分を補強し、丈夫で緻密な塗肌をつくる工程でもあり、同時に器の微妙な姿、形を整える工程でもあります。道具は、まな板(作業台)・夢棚・塗師小刀・内鉋・外鉋・床鉋・ヘラなどを使います。研物(とぎもの)では、研物ロクロ・荒砥石・地研砥石・耐水研磨紙などが使われます。

◇上塗

上塗では、上質の精製漆を数回に分けて刷毛塗りします。ホコリを極端に嫌い、細心の注意を払いながら作業が行われます。作業中に付着したチリは、ごみとり刷毛で細かなチリを払い、渡し刷毛で適量の漆を荒付けしてから、仕上げ刷毛で仕上げ塗します。漆が垂れないように回転風呂で反転させながら乾燥させます。一つ一つ性質の異なる様々な漆を使い分け、その時の季節や気候状況に合わせ、いつでも最適な塗膜が得られるよう、漆を調合することが、技術と経験に裏付けされた上塗職人の実力です。
上塗り師の中には、あけぼの塗を得意とする中門博(なかかどひろし)さんがいらっしゃいます。中門さんは輪島塗の伝統的な技法を守りながら、独自の色塗グラデーションの開発者です。ピンクやブルーなど輪島塗ではめずらしい色漆を使い、独創的な作品を生み出しています。

◇塗立(ぬりたて)と呂色(ろいろ)

塗りの仕上げには大きく塗立(ぬりたて)と呂色(ろいろ)があります。塗立ては表面が反射するだけでなく、艶が少なくしっとりとした感じで、茶道界では黒の塗立てを真塗(しんぬり)と呼び、位の高いものとされています。上塗の肌をそのまま活かす塗立に対し、呂色は塗りあがった上塗りの表面をさらに専用の研炭で平滑に砥ぎ、漆を摺り込みながら磨く作業を繰り返します。最後には人の柔らかな手で磨き上げることで、漆特有の奥深く艶やかな質感が引き立ちます。蒔絵の作品はほとんどこの仕上げをします。塗立と呂色どちらの艶も、長く使い続けていると光沢を増していくとともに、使い込めば使い込むほど、愛着がわき風合いや価値が大きく増していくものです。

◇加飾(かしょく)

輪島塗の加飾といえば、蒔絵や沈金をはじめとした美しい装飾です。彩りを添えることで、漆器に新たな魅力が加わります。
ここでは蒔絵と沈金の違いをご説明させていただきます。

□蒔絵(まきえ)

輪島塗 本うるし珠流筆(ボールペン)蔦(黒)
蒔絵を施した最高級のボールペンです
輪島塗 本うるし珠流筆(ボールペン)蔦(黒)
16,500円(税込)
輪島塗 木谷信夫作 ゆずなんば蒔絵パネル
輪島塗 木谷信夫作 ゆずなんば蒔絵パネル
176,000円(税込)

蒔絵は筆を用いて漆で絵を描き、金箔や金粉・銀粉または螺鈿(らでん)などを蒔きつけて塗面に装飾を重ねていく技法です。平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵等の技法を駆使した多様な表現があります。他にも、螺鈿、平文、卵殻といった技法も蒔絵師の仕事となります。特に高蒔絵は、豪華絢爛の雰囲気を醸し出すことが出来る、蒔絵職人の腕の見せ所と言えます。

□沈金(ちんきん)

沈金とは、塗面に鋭利なノミで文様を彫り、そこに薄く漆を塗って金箔や金粉を押し入れ、文様を浮かび上がらせる加飾技法です。基本的な線や点の彫りに加え、コスリ、片切など、刃先の形状によって多様な彫りがあります。
なかでも、沈金は絵を描くのとは違い、椀や棗(なつめ)など湾曲部を持つものに対して沈金を施すということは高い技術を必要とし、職人の積み上げてきた経験と精神力が作品に反映される技法であります。

梅の花を沈金で描いた赤黒夫婦のお椀です
輪島塗 彩丸夫婦椀松梅沈金
39,600円(税込)
輪島塗 飛花沈金銘々皿揃
繊細なタンポポの種子を沈金で描いた銘々皿です
輪島塗 飛花沈金銘々皿揃
33,000円(税込)

輪島塗の育て方

以上の様に、多くの職人の手に渡って仕上がる輪島塗の商品には命が宿り、輪島の人々の「良い漆器をつくりたい」との心の現れでもあるのです。最後に、輪島塗を手にして長く付き合うために、「輪島塗の育て方」としてぜひ知っておいて欲しいことがあります。漆器の特徴や個性を理解したうえで付き合えば、輪島塗は手をかけるほどに美しく趣を増して答えてくれます。

◇輪島塗の器を使う前に

輪島塗を手にしたら、箱から出し包み紙を外し放置して置いて下さい。すると漆特有のにおいが少なくなります。その後、ぬるま湯で柔らかいスポンジに中性洗剤をつけて洗います。それでも漆のにおいが気になるようでしたら、米びつの中に2~3日入れておくのも効果的と言われています。比較的塗の浅い漆器(塗りあがってから時間が経っていない)はどうしても漆のにおいが強く感じられます。日が経つごとにそれは徐々に抜けていきますので、安心できるにおいになってからお使い下さい。

◇輪島塗の上手な使い方

季節や気分にあわせて、いろんな器にお料理を盛り合わせて見た目や、手ざわり口ざわりとともにいただきましょう。輪島塗は木製ですから熱伝導率が低く、保温性保冷性には特に優れています。温かいものは温かく、冷たいものは冷たくということですね。ただし電子レンジは使用できません。物を温める際に電子レンジが発生するマイクロ波は、木地内部の水分子にも働きかけるため、内側から傷みがきます。また、口をつけられない程の熱いお料理は入れないで下さい。漆の色艶が損なわれる原因となります。漆器に熱いものを入れてお使いになるときは、最初はぬるめのお湯を入れて、徐々に漆器の温度を上げていってくだい。

◇輪島塗のお手入れ方法

輪島塗は私にお手入れができるのかしら?という疑問が生まれるでしょう。でも、漆器は陶磁器やガラス器と同じように中性洗剤で洗うことが出来ます。よく泡立てたスポンジの柔らかい面で優しく洗います。タワシや磨き粉を使ったり、スポンジの硬い方などでゴシゴシ洗うと細かい傷がつき肌艶が無くなります。他の洗い物より5分程先に湯水につけて、ご飯などのこびり付いた汚れをふやかして洗うと良いです。洗剤をよく洗い流した後は、40℃位のお湯でさっと洗い流すと水切りが早いです。洗った後は、乾いたタオルや布巾で拭き上げます。丈夫で少しでも長持ちさせたいと思われる方はさらに柔らかいガーゼや布巾で乾拭きし、風通しが良く直射日光のあたらない場所で干します。しかし忙しい時などは洗って茶碗かごに伏せて置くだけでも大丈夫です。ただし、食器洗浄機や食器乾燥機は木地と漆塗膜をいためる為お使い頂けません。

◇輪島塗の置き場選び

漆器のほとんどの部分は、木でできています。木材は乾燥していてもわずかに水分を含んでいるため、極端な乾燥や継続して光にさらされると肌荒れを起こします。毎日使用したり洗ったりすることによって、水分を与え漆器は喜んでくれます。また、漆器は長時間直射日光を浴びることを嫌います。これは有機物を分解する力をもつ紫外線を避けるためです。長く使用しない場合は、適度に湿度がある食器棚の低い位置がおすすめです。柔らかい紙や布等に包んでおしまい下さい。箱などに入れた場合は、収納した器の絵や写真を貼っておくと取り出しにとても便利です。輪島塗は正しい手入方法で、いつまでも美しい艶を保てます。

オススメの輪島塗

いかがでしたでしょうか?輪島塗は何かと使うのが難しそう…とか、値段が高くて手が届かないわ!と思われる方が多いと思います。確かに輪島塗は高級品ですが、それにはそれなりの理由があるということです。沢山の職人の手により、長い歳月をかけて作り上げた作品は、堅牢優美でとても頑丈です。輪島塗は一度購入したものが、万が一欠けたとしても修理もできる一生ものでもあります。
輪島で製造されている漆器の種類には、菓子鉢・茶托・銘々皿・花瓶等のほか、座卓や衝立などといった家具もあります。その様式は伝統的な漆器のデザインから、モダンデザインと言われる新しいものへの取組まで幅広く作られています。深く重ね塗りされた漆は、自然の光沢を帯び、そのままでも十分に美しい芸術作品です。口当たりがやわらかく、なにより天然木製なのでとても軽く保温性にも優れているのが特徴です。お値段は少々お高めですが是非手にとって、能登の自然豊かな土地で育まれた輪島塗を味わっていただきたいと思います。

※詳しい商品説明は、各商品ページをご覧ください

【輪島塗 コーヒーカップ中白うるし】
是非試して頂きたいコーヒーカップです
【輪島塗 コーヒーカップ中白うるし】
33,000円(税込)
【輪島塗 手びねりぐい飲みセット】
漆を手びねりでかたどったぐい吞みです
【輪島塗 手びねりぐい飲みセット】
104,500円(税込)
【輪島塗 クローバー蒔絵小箱】
女性へのプレゼントにどうぞ
【輪島塗 クローバー蒔絵小箱】
38,500円(税込)
【輪島塗 本うるし珠流筆梟(赤)】
手作業で仕上げた輪島塗仕立てのボールペン
【輪島塗 本うるし珠流筆梟(赤)】
16,500円(税込)
【輪島塗 合鹿椀】
ざんぐりとした大ぶりのお椀です
【輪島塗 合鹿椀】
38,500円(税込)
【輪島塗 彩丸夫婦椀松梅沈金】
手間暇かけて作られた汁椀です
【輪島塗 彩丸夫婦椀松梅沈金】
39,600円(税込)
【輪島箸 本うるし5色鉄線5膳入箸】
5色組の絵柄は可憐な鉄線模様です
【輪島箸 本うるし5色鉄線5膳入箸】
6,600円(税込)
【輪島塗 手びねり乾漆ぐい飲みM(赤)】
漆の手びねりのぐい飲みです
【輪島塗 手びねり乾漆ぐい飲みM(赤)】
17,600円(税込)
【輪島塗 8.5寸無地丸盆】
シンプルな総黒のお盆です
【輪島塗 8.5寸無地丸盆】
19,800円(税込)
輪島塗の作品はこちらです