創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

山中塗

山中塗 6.0片口鉢縁布貼古代朱

古代朱塗の片口です

たっぷり入る大きさの片口です。
片口は汁物を注ぐための器ですが、盛り付けるための器としてもお使い頂けます。
◆産地:石川県山中町
◆内容:1個
◆サイズ:経約21.7×18.2cm×高11.7cm
◆材質:天然木
◆塗装:本漆塗り
◆箱寸:20×20㎝×高12.5㎝
◆箱:化粧箱入り
片口と鉢の縁部分には布張りが施され、丈夫な塗に仕上がるとともに、アクセントにもなっています。

ちょこんと付いた片口が愛らしく、盛り付けが楽しくなります。盛鉢やサラダボール等として多目的にお使い頂きたい商品です。

お色は落ち着いた古代朱塗となっていますので、他の食器との相性が良く、テーブルコーディネートを気軽にお楽しみ頂けます。
山中塗のしっとりと落ち着いた色遣いは使い込むほど味わいを深めてまいります。

また、違った使い方として、氷をたくさん入れて、ワインクーラーのような使い方もおしゃれですね。

フルボトルでは大きいですが、ハーフボトルやお酒の小瓶くらいがちょうど入ります。木製漆器は保温性もありますので、氷も解けにくいです。

赤い器ですから、にごり酒を入れるととても映えておしゃれです。お客様の振る舞いに是非お使い頂きたい商品です。
山中漆器のはじまりは、安土桃山時代の天正年間(1573~1592)。

諸国山林伐採の許可書を持つ木地師(きじし)が越前(福井県東北部)の山間部より石川県山中温泉の上流20Kmにある真砂地区に移住し、「轆轤挽き物(ろくろひきもの)」の技術が伝わったのが起源といわれています。

地場産業としては、全国トップの生産額を誇る一大産地へと飛躍的な発展を遂げています。

多様化・個性化するライフスタイルに対応した食器やインテリア用品などの新製品開発に力を注ぎ、ギフト、ブライダルをはじめとする新分野へ進出しています。
◆取り扱い方法
中性洗剤と柔らかいスポンジを使い、普通に湯水で洗っていただいて結構です。
ご使用後は長く湯水につけておかず柔らかい布でお拭きください。
食器洗浄、乾燥機のご使用はお避け下さい。
また、直接太陽の光線にさらしておくと変色したり形に狂いが来る事がありますのでご注意ください。