創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

山中塗

山中塗 欅3.6お多福夫婦椀<茜・神代すり>

現代の暮らしを彩る石川の伝統工芸品です

ふっくらとした、どこかユーモラスなデザインの汁椀です。
見た目だけでなく、手に持つと中央の凹みが指にかかってフィットします。
◆サイズ:径10.9×高7.1㎝
◆箱:化粧箱入り
◆産地:石川県山中町
◆材質:欅
◆塗装:漆塗り
◆セット内容:あか・黒2客セット
ころんとした可愛らしいデザインの汁椀が、食卓を優しく彩ります。

和の汁物はもちろん、洋風スープや中華スープなどお料理のジャンルにとらわれず幅広くお使いいただけます。

木の器は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たくと料理の温度を保持し、手にじかに熱を伝えることもありません。
傷がついても目立ちにくい「すり漆」という方法で塗っております。

この塗り方は、木目を美しく見せ、塗り替え修理がしやすいので長い期間ご愛用いただけます。

天然素材の温かみのある汁椀で、毎日のお食事をより一層美味しく感じてみませんか。
山中漆器のはじまりは、安土桃山時代の天正年間(1573~1592)。

諸国山林伐採の許可書を持つ木地師(きじし)が越前(福井県東北部)の山間部より石川県山中温泉の上流20Kmにある真砂地区に移住し、「轆轤挽き物(ろくろひきもの)」の技術が伝わったのが起源といわれています。

地場産業としては、全国トップの生産額を誇る一大産地へと飛躍的な発展を遂げています。

多様化・個性化するライフスタイルに対応した食器やインテリア用品などの新製品開発に力を注ぎ、ギフト、ブライダルをはじめとする新分野へ進出しています。