創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

九谷焼

九谷焼【山岸政明】作干支の図香炉

九谷焼作家山岸政明作 永楽風の香炉です。

◆産地:石川県寺井町
◆作家:山岸政明作
◆材質:陶器
◆サイズ:6.7×6.7×高10cm
◆箱:木箱入り(陶歴付)
永楽風とは、京都の永楽和全の影響を受けた手法を言います。赤絵金襴手の赤は永楽家に受け継がれてきた秘法の南京赤を用いてを制作しました。

その赤は濃厚でありながら渋味や黒味がなく、温和な光沢を放ち、わが国で陶磁器に用いられた赤色の中でもっとも優れたものといわれています。


和全は、全般に、加賀での制作に際して上品で美しい”あるさま”をどこまでも追い求めたといわれ、したがって、山水人物などの複雑な描画を避けたといわれます。

こちらの香炉は九谷焼作家 山岸政明作の作品です。作品タイトルに「干支の図」とあるように、馬・巳・卯・牛の図を金のみで描き、全体を赤絵の極細線で描いてある模様は、圧倒される美しさを放っています。
九谷焼の伝統は脈々と受け継がれ、昭和50年(1975)には国の伝統的工芸品産業に、翌51年には石川県無形文化財に指定されました。

独特の色彩感と構図が日本国内を問わず海外でも高く評価されている九谷焼は加賀百万石文化の豪放華麗な美意識により完成された石川の伝統工芸品です。
商品画像と実物の商品の色味が、若干違う色味に見える場合がございます。

なるべくイメージを近づけるよういたしておりますが、何卒ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。
◇作家のご紹介
山岸政明氏
日展会友
現代工芸会員
伝統工芸士

九谷の里寺井に生まれる
作陶を志し石川県工芸指導所にて研修
昭和41年日展初入選以後25回入選
昭和51年日展会友に推挙
昭和40年第4回日本現代工芸美術展入選以後連続11回入選
昭和50年日本現代工芸美術家協会会員に推挙以来会員(無鑑査)出品通算27回
昭和53年現代工芸美術家協会評議員に推挙
昭和56年同展特別会員賞受賞
昭和57年日本現代工芸美術展審査員推挙
昭和41年現代美術展最高賞受賞
昭和44年同展無鑑査
昭和45年、51年、56年、61年平成4年現代美術展審査委員
昭和50年、51年第一回・第二回箱根の森展招待出品
”91”現代の世界陶芸展招待出品