創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金体験実施しています

商品詳細

茶道具

山中塗【道場宗廣作】神代欅銀杏蒔絵棗

道場宗廣(みちば そうこう)塗師・蒔絵師の作品です

漆を何度も塗っては拭き取る事を繰り返す「拭き漆」という方法で仕上げています。
木目を際立たせ、木の表情を最も美しくみせる塗り方です。
◆サイズ:経約8.3cm×高5.5cm
◆箱:木箱入り(紐付き)
◆産地:石川県山中町
◆材質:欅
◆塗装:本漆塗り
◆作家:道場宗廣(みちば そうこう)塗師・蒔絵師
棗(なつめ)は茶道における代表的な茶器の一種です。こちらの棗は平棗となり、シンプルな拭き漆塗りは明瞭な欅の木目や深い漆の色艶がぬくもりを感じさせます。

棗の内側は真塗で仕上げ、銀杏の葉を蒔絵で表現してあります。抹茶は温度や湿度の変化に敏感なので、棗の合口がピッタリと揃った密閉性が高い仕上がりとなっています。
道場宗廣は石川県江沼郡(現在の加賀市山中温泉地区)にある、茶道具を中心に制作する老舗漆器店生まれ。厳格な父親から漆の技術を学び、その技は山中塗の中でも高く評価されています。

また、道場宗廣は山中塗の塗師として活躍しておりますが、弟は和食の鉄人として有名な道場六三郎氏にあたります。
文様として描かれた銀杏の葉は、形の面白さから私たちの生活の中に、様々に文様化されています。

銀杏の葉だけを使うこともありますが、沢山の銀杏の葉を「吹き寄せ」と表現され、種々のものを寄せ集めたことを指します。

また、黄色い葉は、秋の風情を表す柄として用いられます。
道場宗廣 作品栞より
加賀百万石の文化の伝統に支えられた漆芸の町に生まれ、厳父より髤漆の技を教えられ、その難しさと漆の持つ不思議さに取りつかれて早や半世紀になろうとして居ります。茶道を心の糧として三十余年、その愛着から心ある器を作ろうと鋭意努力してまいりました。漆の持つ美しさが茶道具に表現出来得ますれば私の喜びこれに優るものはありません。
ご利用戴く先生方に置かれましても、塗物に対する暖かい御理解を戴き、大切に御取扱い下さる様念じて御挨拶に替えさせて戴きます。

                       宗廣工房 道場宗廣
山中漆器のはじまりは、安土桃山時代の天正年間(1573~1592)。

諸国山林伐採の許可書を持つ木地師(きじし)が越前(福井県東北部)の山間部より石川県山中温泉の上流20Kmにある真砂地区に移住し、「轆轤挽き物(ろくろひきもの)」の技術が伝わったのが起源といわれています。

地場産業としては、全国トップの生産額を誇る一大産地へと飛躍的な発展を遂げています。

多様化・個性化するライフスタイルに対応した食器やインテリア用品などの新製品開発に力を注ぎ、ギフト、ブライダルをはじめとする新分野へ進出しています。