創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

輪島塗

輪島塗 合鹿椀

ざんぐりとした形がいいです

室町時代から伝わる典型的な合鹿椀を再現したものです。
高台が高く、姿が大らかで普通のお椀に比べると倍以上の大きさはあります。
◆サイズ:径14.8×高10.5㎝
◆箱寸:16×16×12㎝
◆箱:化粧箱
◆産地:石川県輪島
◆塗装:天然うるし
◆素地:欅
深く重ね塗りされた漆は、自然の光沢を帯び、そのままで十分に美しい芸術作品です。輪島塗のお椀の特徴として、全てが天然の素材で一つずつ手作業により作られています。

木地は主に能登産のヒバの木を使い天然の漆で仕上げてあります。

輪島にしか採れない「地の粉」という珪藻土(けいそうど)の粉を下地に使用し、木地の壊れやすい部分に布を貼って補強する「布着せ」と呼ばれる作業を行うことが、輪島塗の製法における2つの大きな特徴になります。
この合鹿椀の形が輪島塗の原型とも言われています。豚汁やけんちん汁など具だくさんのお汁やお茶漬けなどにどうぞ。
<輪島塗について>
輪島塗は全て分業制という制度で一つの商品を仕上げます。

木地は木地師、塗りは下地塗り師、中塗師、研ぎ師、上塗り師、絵付けは沈金師、蒔絵師、そして呂色師と言った様にその工程は124過程にのぼります。

このように、多くの職人の手に渡って仕上がる商品には命が宿り、輪島の人々の「良い漆器をつくりたい」との心でもあります。
◆取り扱い方法
輪島塗の取り扱いは簡単です。洗うときは、水でOK。洗剤は中性洗剤を使い、やわらかいスポンジで洗ってください。乾燥と直射日光は苦手なので、長時間さらされると変質することがあります。長い間使わないときには、やわらかい布や紙で包んで、お部屋の低いところにしまってください。
もし万一、傷や破損がおきてしまったら、割れたかけらは捨てないで同封して、修理に出してください。修理の後は、新品同様に美しくよみがえり末永くご愛用いただけます。