創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金体験実施しています

商品詳細

輪島塗

輪島塗 彩丸汁椀梅沈金 (赤)

輪島塗の器は暮らしの中に潤いを与えてくれます

輪島塗のお椀の特徴として、全てが天然の素材を使い一つずつ手作業により作られています。
◆産地:石川県輪島
◆塗装:天然うるし
◆素地:天然木
◆椀:径11cm×高7.5cm
◆セット内容:赤1客セット
◆箱:化粧箱
お祝いや、人生の節目の記念品としてお奨めします。深く重ね塗りされた漆は、自然の光沢を帯び、そのままで十分に美しい芸術作品です。

輪島塗の製法における大きな特徴は、輪島にしか採れない「地の粉」という珪藻土(けいそうど)の粉を下地に使用し、木地の壊れやすい部分に布を貼って補強する「布着せ」と呼ばれる作業を行っているところです。

美術的な美しさを持ちながら普段使いで使える実用性と丈夫さを兼ね備えた絶品です。職人の手間暇をかけた漆のつややかな使い心地を末永くお楽しみいただけます。
漆は耐久性に優れ、軽くて保温性もあります。手間暇かけて作られた汁椀を手にすると、作り手の心がこもった温もりが優しく手に伝わります。

お椀は毎日使うものです。だからこそ本物を選びたいものですね。形は丸みのあるシンプルなデザインのお椀です。手に馴染みやすい大きさでとにかく軽いです。

模様は梅を沈金で描いています。沈金とはノミ(彫刻刀のようなもの)で文様を彫り、その上から漆を刷り込み更に金を刷り込むと模様が浮出る技法です。(沈金については、下の沈金とはをご覧ください)

輪島塗のお椀は贈り物に大変人気です。とりわけ還暦祝いや金婚式のお祝いなどの贈り物にとても重宝されています。その理由としては、お直しが出来るというところです。

お椀は毎日使う器です。長くお使いいただく内に、自然と使い傷がついたり、漆が剥げてきたり、また不慮の事態で落として欠けてしまうこともあります。

そんな時には、塗直しや欠けの修理をすることで、新品同様のお椀に蘇ります。まさに輪島塗は、SDGsの取り組みを地でいく産業なのです。
輪島塗のお椀は、新品同様に蘇らせることが出来る一生もののお椀です。それが贈り物としての人気の理由の一つです。

修理代金は約数千円~程かかりますが、まずお見積りをお出しした後、メールもしくはお電話にてご相談をさせていただきます。お直しはお客様にご納得いだいてから修理を致します。

その際には、色の塗り替えや模様を描くなど、お好みに合わせた再製も可能ですので、併せてご相談ください。記念日に、お椀を塗り直しをするのも良いですね。

お箱は輪島塗専用の化粧箱にてお届けします。結婚の御祝や還暦や喜寿など人生の節目の記念品にいかがでしょう。

送料は国内無料です。包装・のし紙・手書きのメッセージも無料にてご用意いさせていただきます。


※輪島塗は全てが手作業にて作られるため大量生産は出来ません。時にはお時間を頂く場合がございますので、お急ぎの方はメッセージまたはお電話にて在庫をご確認くださいませ。
<輪島塗について>
輪島塗は全て分業制という制度で一つの商品を仕上げます。木地は木地師、塗りは下地塗り師、中塗師、研ぎ師、上塗り師、絵付けは沈金師、蒔絵師、そして呂色師と言った様にその工程は124過程にのぼります。

漆陶舗あらきにて取り扱っている輪島塗はすべて輪島塗製造の各工程を手を抜かずに仕上げられたものばかりです。多くの職人の手に渡って仕上がる商品には命が宿り、輪島の人々の「良い漆器をつくりたい」との心でもあります。本物志向、正統派のための輪島塗として、自信を持ってご提供させていただいております。
<沈金とは>
沈金とは、塗面に鋭利なノミで文様を彫り、そこに薄く漆を塗って金箔や金粉を押し入れ、文様を浮かび上がらせる加飾技法です。基本的な線や点の彫りに加え、コスリ、片切など、刃先の形状によって多様な彫りがあります。

なかでも、沈金は絵を描くのとは違い、椀や棗(なつめ)など湾曲部を持つものに対して沈金を施すということは高い技術を必要とし、職人の積み上げてきた経験と精神力が作品に反映される技法であります。
◆取り扱い方法
基本的に漆塗りの商品は食器洗浄機・食器乾燥機の使用はご遠慮ください。
洗うときは湯水で中性洗剤を使い、やわらかいスポンジで洗ってください。
洗った後は、柔らかい布巾等で拭いておしまい下さい。
ただし、漆器は乾燥と直射日光は苦手なので、長時間光にさらされると変質することがあります。
長い間使わないときには、やわらかい布や紙で包んで、お部屋の低いところにしまってください。
もし万一、傷や破損がおきてしまったら、割れたかけらは捨てないで同封し、修理に出してください。
かけらがあれば、すぐに塗りにかかれます。
修理の後は、また美しくよみがえり、末永くご愛用いただけます。