創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

九谷焼

九谷焼【田村敬星】作毛筆細字角香炉

究極の美を求める細字技法です

◆サイズ:縦5.2×横5.2×高6cm
◆箱:木箱入り(陶歴付)
◆産地:石川県寺井町
◆作家:田村敬星作
◆材質:磁器
九谷毛筆細字は、明治33年小田清山によって始められその後、田村金星が技法を受け継ぎ九谷 毛筆細字の技法・画風が確立されました。

細字技法は九谷焼工芸技術独自のものであり、清山、金星、敬星と三代に亘り、秘伝が受け継がれました。
洋盃の内部に百人一首を全部書き込む細字も、現代九谷の一つの特微とされています。

九谷焼に文字を描くことを考え出したきっかけは何だったのでしょうか?そんな質問など笑い飛ばされてしまいそうな達者な筆使いは「これでもか!」というほど細かな細字で、その迫力には圧巻です。

究極の書の達人ともいえますね。
九谷焼の伝統は脈々と受け継がれ、昭和50年(1975)には国の伝統的工芸品産業に、翌51年には石川県無形文化財に指定されました。

独特の色彩感と構図が日本国内を問わず海外でも高く評価されている九谷焼は加賀百万石文化の豪放華麗な美意識により完成された石川の伝統工芸品です。
九谷五彩と呼ばれる赤・青(緑)・黄紫・紺青の五色を中心に350年の歴史の中で伝承されてきた画風で描かれた作品は日常空間を鮮やかに飾ります。
◇作家のご紹介
◇作家紹介
田村敬星氏
日本工芸会正会員
九谷毛筆細字三代
祖父、田村金星に師事
石川県デザイン展最優秀賞受賞
日本伝統工芸展入選
日本陶芸展入選
伝統九谷工芸展優秀賞受賞
国際工芸デザイン展記念賞受賞
日本工芸会正会員に認定
一水会陶芸展会員優賞受賞
一水会陶芸展審査委員に就任