沈金教室実施しています

商品詳細

九谷焼

九谷焼 花の舞香炉

日本の桜を現代調に表現
◆サイズ:縦10×横10×高10.7cm
◆箱:木箱入
●産地:石川県寺井町
●素材:磁器
明治時代に入り、九谷庄三(くたに・しょうざ)の彩色金襴手が有名となり、大量の九谷焼が海外へ輸出されました。
今日の九谷焼は、各時代の窯の上絵付けの作風を源流に、以前にも増して活発な生産が続けられています。
ブルーからピンクへとゆるやかに変化する色は豪華絢爛な桜をうまく表現してあります。
桜は日本の象徴とも言える花で人気の高い商品です。
優しいパステル調のカラーに桜の花びらを丁寧に描き、ところどころ金箔を施してあるため、豪華さもあります。
現代調の新築のお宅にピッタリ!お祝にいかがでしょう。
◆女将より
こちらの作品は観賞用美術九谷焼となりますが、通常の香炉としてお使い頂く場合はあらかじめ灰を敷き詰めて頂いたうえ、上部、蓋の近くで香を焚いて頂くようお願い致します。
香炉の下部にて香を炊いた場合、酸素不十分をおこし火が消えてしまうことがあります。
床の間などに飾られます場合は敷布や台を置いた上に飾って頂くと設置面の傷を防いでくれます。