創業・嘉永年間の漆器と陶器の専門店/石川の伝統工芸をお届けします

お気軽にお問い合わせ下さい tel.0767-52-4141

沈金教室実施しています

商品詳細

九谷焼

九谷焼 組湯呑吉田屋芙蓉

穏やかな色味で咲いている花姿のイメージが表現されています

芙蓉の花言葉は「繊細な美」「しとやかな恋人」という意味を持っています。
◆産地産地:石川県能美
◆素材:陶磁器
◆商品番号:K6-668
◆サイズ:(大)直径約7.1㎝高さ約8㎝
     (小)直径約6.8㎝高さ約7.8㎝
◆セット内容:2客セット
◆箱:化粧箱
古くから美しい女性を「芙蓉の顔」と表現してきたように、穏やかな色味で咲いている花姿のイメージとぴったりの言葉です。

吉田屋風とは豪商吉田屋伝右衛門が再興九谷を目的とした窯で、青手古九谷の塗埋様式を踏襲した様式です。

青(緑)、黄、紫、紺青の四彩を用いて、さまざまな文様や小紋を駆使し、全面を塗り埋めた重厚感のある作風が特徴です。
大切な方と過ごす毎日の食事でお使い頂ける夫婦湯呑ですので、各種記念品やお誕生日のお祝い品としてお薦めの九谷焼の一品です。

※ひとつひとつ手づくりの為、色・形が多少異なりますのでご了承ください。

九谷五彩と呼ばれる赤・青(緑)・黄紫・紺青の五色を中心に350年の歴史の中で伝承されてきた画風で描かれた作品は日常空間を鮮やかに飾ります。
九谷焼の伝統は脈々と受け継がれ、昭和50年(1975)には国の伝統的工芸品産業に、翌51年には石川県無形文化財に指定されました。

独特の色彩感と構図が日本国内を問わず海外でも高く評価されている九谷焼は加賀百万石文化の豪放華麗な美意識により完成された石川の伝統工芸品です。
◆取り扱い方法
磁器の器ですので、特別なお手入れの必要はございませんが絵付部分の美しさを保為、食器洗浄機はご遠慮下さい。洗浄後は十分乾かしてからご収納下さいませ。